【新規1ヶ月利息0円&業界最低金利0.95%】質屋業界最大手の大黒屋。質に関してのよくある質問集です。

質専用ダイヤル 年中無休
0120-188-442【平日・土日祝】10:00~20:30

質のよくある質問

質屋に関するよくある質問を掲載しています。こちらに掲載されていないご質問やご不明点などがございましたら、お手数ですがご利用予定の質店舗へ直接お問い合わせください。

初めて質屋をご利用される方へ『よくあるご質問と答え』

品物を預ける(質入れ)

質預かり・質入れって何?
お品物を担保にお金を借りることを「質預かり」「質入れ」などといいます。品物に対してご融資しますので、審査・信用調査はありません。また、大黒屋では査定料・キャンセル料等も一切いただいておりません。
質入れできるものは何?
時計、ブランド品、アクセサリー・宝石類、カメラや電化製品など質入れできる品物はたくさんあります。詳しくはご来店予定の店舗までお問い合わせください。⇒質入れできる商品はこちら
入質の際の必要書類は何?
現住所記載の公的身分証明書をご持参ください。
≪身分証明書の例≫
  • ・運転免許証
  • ・保険証(国民健康保険証、社会保険証)
  • ・パスポート(日本国発行のもの)
  • ・住民票(発行から3ヶ月以内)
  • ・外国人登録証/在留カード
  • ・社員証
  • ・学生証
  • ・年金手帳
  • ・障害者手帳
  • ・印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)
  • ・戸籍謄本、抄本(発行から3ヶ月以内)
  • ・住民基本台帳カード(写真付き)

※現住所の記載がない場合、公共料金の請求書や納税通知書などの補足書類が必要になります。
※期限切れのもの、キャッシュカード・クレジットカード等、その他弊社基準に沿わないものは不可となります。

詳しくはご来店予定の各店舗までお問い合わせください。
誰でも質入れできる?
職業・収入などは一切関係なく、20歳以上の方であればどなたでも預けることができます。

質利息・利率・利上げ

利息・利率はどのくらい?
利息・利率は融資金額・店舗ごとに変わります。「1000万円以上が月0.95%」「100~1000万円未満が月1.25%」「30~100万円未満が月1.5%」、30万円未満は店舗により異なります。
質は、消費者金融と比べると利息が高めに設定されています。それは品物を担保としており、品物を諦めてしまえば返済の義務がない点や、質蔵で保管するにあたっての保管料、他にも短期融資であるという点も挙げられます。
利息はどうやって支払えばいい?
原則お品物を預けた店舗にご来店頂き、現金でのお支払いとなります。(クレジットカード払いはできません。)1ヶ月分の利息をお支払いいただくと、預かり期間が1ヶ月延長となります。3ヶ月分お支払い頂ければ3ヶ月分の延長となります。
※利息分の支払いは店舗によっては振込で対応できる事もあります。詳しくは各店舗までご確認ください。
利息を日割り計算してもらえる?
利息の日割り計算は行っておりません。質入れした翌日に出質する場合でも1ヶ月の利息が発生します。もちろん、質入れをした当日でも1ヶ月分の利息をいただきます。
利息を支払って預かり期間を延長する事を「利上(りあげ)」といいます。回数制限や限度額はなく、いつまでも延長することが可能です。
代理や振込で利上ってできる?
利上げは代理の方でも可能です。また、お振込での利上げに関しては、対応可能な店舗と不可の店舗がございますので、ご利用店舗に直接お問い合わせください。
預り期間を延長したことは確認できる?
預り期間を延長した場合、質札に延長後の流質期限をスタンプで印字します。振込で利上げをする場合、スタンプによる印字が出来ないため、日付の管理には十分お気をつけください。

預けた品物を出す(出質)

出質ってなに?
預けた品物を出すことを出質(でしち・でひち・でびち)といいます。
出質の際の必要書類はなに?
預けた際に受け取った質札と身分証(現住所記載のもの)、出質に必要な金額をお持ちください。
誰でも出質できる?
預けたご本人様のみ出質することができます。たとえご家族の方、ご友人の方でも出質はお断りしておりますので、予めご了承ください。
どうやって支払えばいい?
預けた店舗でのお支払いとなります。現金でのお支払いとなり、クレジットカードでのお支払いはできません。
一度にいくつか質入れして、一個だけ出質することってできる?
はい、できます。出質したい品物の元金と、その品物分の利息をお持ちください。その際に注意するのは利率の変動です。例えば、1件で100,000円を超えている場合の利率は5%ですが、出質する品物が100,000円未満の場合は6%になります。これは引き続き預ける品物に対しても同じことが言えます。一部の品物を出す事によって、残った品物が100,000円未満になると利率は5%から6%に変わります。(質東京駅前店の場合の利率)

流質期限・質流れ

いつまで預けられる?
預り期間は原則3ヶ月間です。例えば、7/8に質入れした場合は8/8までが1ヶ月になり、8/9からが2ヶ月目になります。10/8が預かり期間の最終日、10/9になると品物の所有権が質屋に移ります。これを「質流れ」、預り期間の最終日を「流質期限(りゅうしちきげん)」といいます。預けた日が月末日の場合は、毎月月末日が期限になります。
利息をお支払いいただければ預り期間は何度でも延長することができます。(利上)
質流れってなに?
流質期限を過ぎてしまうと、品物の所有権がお客様から質屋に移ります。これを質流れといいます。一旦質流れになったお品物はお戻しすることができませんので十分ご注意ください。
期限の連絡ってもらえるの?
申し訳ありませんが、質流れのご連絡は行っておりません。流質期限は質札にて記載されておりますので、事前に必ずご確認をお願いいたします。
一度にいくつか質入れして、要らないものだけ質流れしてもらえる?
もちろん可能です。一部を質流れすることで、元金を減らして利息を少なくすることができます。大黒屋では質流れにしてしまう前に、買取でいくらになるかスタッフに再査定を依頼することをおすすめします。元金と利息を上回るようであれば、質流れにせずに買取に変更しましょう。
質流れしたことがあるけど、また質入れできる?
もちろん質入れできます。何度でもご利用ください。

その他よくある質問

質札ってなに?
お品物と引き換えにお渡しする紙を「質札(しちふだ)」といいます。これは預かり証のようなものです。質札には金額や預けた点数だけでなく、1ヶ月の利息や期限日も記載されています。
預けた品はどのように保管するの?
各都道府県の公安委員会の検査に合格した頑丈な質蔵で保管します。質蔵には常に鍵が掛けられ、質蔵の中は一定の室温と湿度で保たれています。どうぞ安心してお預けください。
質札を紛失した時はどうすればいい?
そのような時は、すぐに質入れした店舗にご連絡ください。身分証(現住所記載のもの)を持ってご来店いただければ、質札を再発行いたします。出質の際には身分証(現住所記載のもの)で本人確認をしておりますので、本人になりすました別人が出質してしまうことを防止しています。
買取と質預かりはどっちが査定額が高い?
買取よりも質預かりの方が査定額が下がります。3ヶ月後の相場変動を考えなければならないためです。しかし、相場が安定している品物は買取と同額までご融資させていただく場合もございます。また、借入れ額は査定金額の範囲内であれば自由に決めることが出来ます。
借りる金額を増額できる?
はい、可能な場合もございます。まずは品物を再査定します。さらに増額できるようであれば、いったん出質をして再度質入れします。例えば、質入れして1ヶ月以内に50,000円を100,000円に増額する場合は、50,000円と利息3,000円(6%×1ヶ月分)を差し引いた47,000円をお渡しします。100,000円以上は月5%の利息になりますので、毎月の利息が5,000円となります。その手続きの際には、出質に必要な53,000円をご用意いただく必要はありません。(質東京駅前店の場合の利率)
元金を少しずつ減らしたいけど、どうすればいい?
このような時も、いったん出質をして再度質入れをします。例えば、質入れして1ヶ月以内に100,000円の品物を80,000円に減額する場合は、出質に必要な利息5,000円(5%×1ヶ月分)と減額分の20,000円をお持ちください。元金が80,000円の質札をお渡しします。また1ヶ月以内に今度は40,000円に減額したい場合、利息4,800円(6%×1ヶ月分)と減額分の40,000円をお持ち頂ければ、元金40,000円の質札をお渡しします。このように、少し余裕がある時には元金を減らして利息を少なくすることもできます。(質東京駅前店の場合の利率)
やっぱり必要ないから買取に変更してもらえる?
もちろん可能です。再査定した買取金額が、元金と利息を合わせた金額を上回る場合に可能となります。例えば、質入れしてから3ヶ月後に買取に変更したいという場合、90,000円で質入れした品物の買取価格が再査定の結果130,000円となったとしましょう。130,000円から元金90,000円+利息16,200円(6%×3ヶ月分)の合計106,200円を差し引いた23,800円をお渡しします。この場合、買取価格が106,200円を下回るようであれば、出質をするか質流れにした方が良いでしょう。(質東京駅前店の場合の利率)

いつでもお気軽にご相談ください

「急な出費で、お金が入るまでちょっと苦しい・・・」皆さんはこのような経験はありませんでしょうか?

例えば、知人の結婚や出産というようなお祝い事やどうしても欲しくて衝動買いしてしまった時、もしくはどうしても工面できなかったローンの支払いといったことがあった時です。 中には財布をなくしてしまって帰りの電車代がないという方もいらっしゃいます。
私の場合は、お酒が好きなものですから、年末年始の忘年会や新年会シーズンの時などが当てはまります。

そのような急場をしのぎたい時、お金を借りる場所は消費者金融だけではないということを知って頂きたいと思います。
つまり、質屋はお持ちの品物を売るだけではなく、お持ちの品物を担保にお金を借りる事もできる、ということを知って頂きたいのです。

「一寸先は闇」などという諺もございます。いざという時に、お持ちの品物が皆さんを助けてくれるかもしれません。一度大黒屋にご来店頂き、私と一緒に品物の価値について見直してみてはいかがでしょうか。

返済期間、利子・手数料、借入例のご案内